フォルクスワーゲンの “CC兄弟”が集まってくる

まさにSUVの時代とも言えます。ドイツをはじめヨーロッパでも急速の販売の成長を見せています。性能より、実用性と低価格で、現代のツーソンやスポーティジ、日産のクワシクワイやジュークなどが欧州市場で勢いに乗っています。

今後は2つの新SUVの時代がまた開きます。一つは、以前から強調してきた小型SUVが有効になるのです。オペルのモクカやシボレートラックス、プジョーの2008やフォルクスワーゲンが準備するポロSUVなどがその主人公です。現代やキアもこのクラスで、新しいモデルが出てこないかと思います。

そして残りの新しいトレンドは、クーペ型SUVが新たな市場を形成することでしょう。まず、準備されているドイツのメーカーだけ見ると、BMWが2と4シリーズで4ドアクーペを出すことにしました。 SUVはX4が準備中です。

ベンツはCLAとGLCなどの小型と準中型クーペSUVが用意されています。中型クラス以上のMLCは、やはり競争を繰り広げる予定です。アウディも、Q2、Q4、Q6などがあり、ここでA9のようなモデルも展示します。まあポルシェもマカンというカイエンの弟級が出てくるが、やはりクーペSUVに入れることができるでしょう。

さあここでドイツではあるメーカーが出てませんね?それはVWです。では、このような流れに参加するために、フォルクスワーゲンの対応は何でしょうか?それは ‘CC’と命名されたクーペのラインアップがそれです。

これは今週のアウトビルトメインの記事であるCCラインアップに関連するイメージです。合計4つが見えるでしょう?これで、一つ一つのニュースを簡単に伝えします。

フォルクスワーゲンの “CC兄弟”が集まってくる